会社法は、大会社及び監査等委員会設置会社、指名委員会等設置会社に対して会計監査人の設置を義務付けています。大会社とは、次要件のいずれかに該当する株式会社をいいます。

  • 最終事業年度に係る貸借対照表に資本金として計上した額が5億円以上であること。
  • 最終事業年度に係る貸借対照表の負債の部に計上した額の合計額が200億円以上であること。

監査等委員会設置会社とは改正会社法によって新たに選択可能となった機関設計の制度であり、指名委員会等設置会社とはこれまでの委員会設置会社です。

また、上記以外の株式会社も任意で会計監査人を設置することができます。

監査法人彌榮会計社の主力スタッフは、上場・非上場を問わず豊富な会社法監査の経験を有しており、高品質な監査を提供致します。

最新記事一覧