社会福祉法人監査

改正社会福祉法により、平成29年度から、一定規模以上(下記の要件のいずれかに該当)の社会福祉法人は公認会計士等による会計監査人監査を受けることが義務化されました(社会福祉法第37条)。また、定款の定めにより会計監査人を設 […]

詳細を表示
医療法人監査

平成29年4月2日施行の改正医療法により、一定規模以上(下記の要件のいずれかに該当)の医療法人は、公認会計士等による会計監査を受けることが義務化されました(医療法第51条第5項)。 社会医療法人で損益計算書の「事業収益の […]

詳細を表示
会社法監査

会社法は、大会社及び監査等委員会設置会社、指名委員会等設置会社に対して会計監査人の設置を義務付けています。大会社とは、次要件のいずれかに該当する株式会社をいいます。 最終事業年度に係る貸借対照表に資本金として計上した額が […]

詳細を表示
その他の監査

学校法人監査 補助金を受ける各種学校や幼稚園については、私立学校振興助成法第14条第3項により、貸借対照表、収支計算書等の財務計算に関する書類を作成し、公認会計士又は監査法人の監査を受けることが義務付けられています。ただ […]

詳細を表示