彌榮会計社としてのテレワークへの取り組みと今後の展望(気まぐれ通信2020年7月号)

コロナ禍により決算業務に遅延や混乱を生じた社会福祉法人は少なくありません。そのような中、弊監査法人としても安全性と効率性を考慮し、可能な限り往査(実際に監査先へ訪問すること)を減らし、期末監査では多くの法人でテレワークによって監査手続を実施させていただきました。かねてより一部の監査手続についてはテレワークを実践させていただいていたことや法人の皆様のご協力もあり、大きな混乱もなく監査を終えることができました。気まぐれ通信2020年7月号では彌榮会計社としてのテレワークへの取り組みの概要と今後の展望について解説します。

気まぐれ通信2020年7月号

気まぐれ通信のアーカイブはこちらからご覧頂けます。

気まぐれ通信アーカイブ