さる8月6日、福祉経営研究所設立記念セミナーとして『厚生労働省「定款例」はどこまで社会福祉法に忠実か』と題したパネルディスカッションを開催致しました。当日は50名様を超えるご参加を頂き、ご参加された方からは

「ただ単に定款例に基づいて法人の定款を作成すれば良い訳でなく、どの法令がもとになっているのかを考え、法人で作成することが必要だと思いました。」

「条文の解釈も、いろいろな視点をもって考える必要がある(ことが理解できました)」

「今回のセミナーは一つ一つの深堀りが大変な勉強になりました。第2回を期待しています。」

などのお声を頂くとともに、アンケート結果(ご回答総数44名様)でも「とても参考になった…28名様」「参考になった…16名様」との感想を頂きました。

パネルディスカッション内容を記載したセミナーレジュメを無料で配信致します

福祉経営研究所は、設立のお知らせにてご案内の通り、社会福祉を実践し、若しくは拡充するための活動を行う経営組織体の法務・会計・経営に係る実務的な問題について調査研究を行い、当該調査研究の結果を社会福祉事業に携わる皆様に普及することを目的としています。

この目的に照らし、このたび、パネルディスカッションの内容を記載したセミナーレジュメを無料で配信させて頂くことと致しました。ご希望される方は、以下のフォームに必要事項をご入力の上、ご送信くださるようお願い致します。

貴法人名(必須)

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号(必須)

プライバシーポリシーをご確認のうえ送信してください。
ご入力頂いたメールアドレス宛に今後開催されるセミナー等のお知らせを送信させて頂きます。

※確認画面は表示されません。